FC2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

PRIMAL FEAR / Delivering the Black

おはようございます。早起き更新。
今日はこの後、会社で「ハラスメント防止講習」なるものを受講します。
自分の勤める会社、今のこの時代であってさえ、社長や上司から部下へ
「バカ」だの「クソ」だの「死ね」だのの怒号やLINEが飛び交う部署もあったりと、
非常に殺伐としている為、今のうちからその辺りの音声録音やスクリーンショットを
保存しておこうかな?と考えさせられます。一昔前に比べたら随分と良くなりましたけどね。

s-pri2014.jpg
ドイツの重鎮PRIMAL FEARの10thを聴いています。2014年作。
似たようなジャケが多く、ボーッっとしていると、このアルバム持ってたかな?となる。
音楽性にもブレが無いので、CDを購入して再生しても、同様の現状が発生する。笑。
その辺りは、同郷のIRON SAVIORと同じ。金太郎飴万歳。

どの作品も高品質なJUDAS PRIESTの後継サウンドだが、本作は特に抜きに出た
高クオリティな作品と認識。楽曲、音質の充実度が素晴らしく、聴き終えた時の満足度が
他の作品に比べて高い。長尺の曲もダレずに聴けます。
基本的には他の作品と同路線なんだけど、メロディが良いのだな。
NET上では、ミドルテンポの曲が多めで地味に感じるなんてレビューも見ましたが、
そもそも「伝統的なメタルアルバムってのは、疾走曲は数曲だけで、それらが光っているのと
脇を固めるミドルテンポの曲の充実度が作品のクオリティを決定づけている」と認識すれば、
上記の感想は的外れなわけで・・・。いや、個人の感想に的外れも何もないな。

メタルジャンルの中でも多様化が進み、スピードだけに拘った作品も多いですが、
それはそれで素晴らしいと思いますが、本作の様なしっかりと曲の良い、
疾走曲からバラードまで入った作品ってやっぱり大好き。
Gt,ソロがカッコ良いのがポイント高いです。
バックコーラスで参加しているLEAVES'EYESのリヴ クリスティンなる女性、
彼女のバンドは聴いた事がありませんが、ここでのパフォーマンスは非常に良いですね。

自分は日本盤の初回限定仕様を購入したが、おまけについてきたDVDは未だ見ていない。
ボーナストラックで追加されている、本編収録曲のシングルエディットや長尺曲のエディット
バージョンはややこしくなるんで、別ディスクに分けで付けてくれた方が有難かったかな。

スポンサーサイト



  1. 2019/05/18(土) 04:33:57|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<週末を記録 | ホーム | VOMITORY / Revelation Nausea>>

コメント

自分もこのアルバムは好きなほうですが…、
自分の場合、マグナス・カールソンが正式メンバーだけどライブには一切参加しない、とハッキリしたあたりから、
バンドっぽさが失われて「お仕事感」が増したような気がしてしまい、特にランディ・ブラック(ds)が抜けてからの
近2作はイマイチのめり込めなかったです。来日公演は良かったですけど…。
  1. 2019/05/19(日) 00:16:27 |
  2. URL |
  3. marochikuwa #-
  4. [ 編集 ]

> marochikuwaさん
マグナス カールソンについては自分も同意です。
ただし、本作においてのパフォーマンスは素晴らしいと思います。
デビューからずっと同じ事をやり続けているのに、まだこんなに良い曲がかけるのか!?と驚くばかりです。
  1. 2019/05/20(月) 04:31:03 |
  2. URL |
  3. 井上絵里子さん(仮名) #3/2tU3w2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://whiplash618.blog99.fc2.com/tb.php/2219-6f354cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)