FC2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

MANTAS / Zero Tolerance

こんばんは。またあっという間に1日が終了しました。
オリエンタルラジオの新ネタ(?)の曲が振り付けも含めて
カッコ良いんだが、最近覗かせてもらっているブログの管理人さんも
同じ事を記事にしていて笑いました。

s-4185BH543ZL.jpg
今聴いているのはコレ。
先月に来日公演をキャンセルしやがった元VENOMのギタリスト、
マンタスの自身のバンド。2004年発表の1st。
VENOMの様な埃っぽいプリミティヴなメタルサウンドとは真逆な、
整合感のあるインダストリアル風な要素も持つヘヴィロックを演奏している。
2000年前後にウジャウジャいたタイプのバンドだ。
まったく個性が無く、誰かの何番煎じだ?という様な作品。

稀におぉ!?となる場面も出てくるが、特筆する程でもない。
時代を反映した教科書の様な作品。ちょっとリリースのタイミングは遅いか。
オリジネーターのはずが、凡百のフォロワーに成り下がっているのが残念。
重厚なドンシャリギターサウンドと、カッチカチのドラムが今聴くと安っぽく聴こえる。

日本盤ボーナスではVENOMの『Black Metal』のカヴァーをやっているが、
別のバンドとして聴かないとCDをぶん投げそうになる。ソリッド過ぎるのだ。
他にもマンタスのインタビューが追加収録されているが、自分は中古でこのCDを買った為、
日本語のブックレットが紛失されており、話の内容は概要ぐらいしかわからん。

STATIC-Xとかが好きな人にはアピールすると思うが、元VENOMの肩書きは
それらの音楽が好きなファンには逆鞘にしかならなかったのでは?

1曲1曲はそこそこ悪くは無いんですけどね。好みからは外れます、
「マンカス」というトリビュートバンドを誰かやってくれんかね?ライブは観に行かんけど。

スポンサーサイト



  1. 2016/03/29(火) 22:07:28|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ