FC2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

ARCH ENEMY / Burning Bridges

こんばんは。
今年はLOUD PARKに行こうか迷っていましたが、
家族の許可をもらえたので行く事にしました。当然2日間の参戦です。
嫁さんは1日だけの参戦許可のつもりだったようですが、甘いぜ。
本当に観たい様なバンド等は、過去に何度も見ているので、
今回はビールを飲みながらのんびり観戦予定です。

ARCH ENEMYはもう食傷気味なので、他のバンドを優先に観るつもりが、
ゲストとしてARMAGEDDONでも出演予定のクリストファー、
そして初代Vo.のヨハンの参戦というニュースが発表されて、
俄然ARCH ENEMY目当てでLOUD PARKに行きたくなりました。

s-arch-enemy-burning-bridges.jpg

1999年発表の3rdを聴いています。
本CD、IN FLAMESの4作目と同時発売だったと記憶しています。
当時高校3年生だった自分は、学校行事のバス旅行を当然の様にサボり、
このCDを買いに行った記憶があります。

発売元のトイズファクトリーは当時、超イケてました。
DARK TRANQUILLITYの4th、EMPERRORの3rd、AMORPHISの4thも
同時期の発売だった筈。どれを買っても大当たりで、カタログを買い集める度に
感動したものです。この辺りは自分の青春の音ですね。
CHILDREN OF BODOMの2nd、NIGHTWISHの2nd、SINERGYの1stも同時期か。

ヨハン在籍時最後の作品である本作は、前2作よりも更にメロディアスになり、
メジャーっぽさがグッっと高まった名作。めちゃくちゃ聴き易いので、
デスメタル初心者でも抵抗なく聴けそう。真性のデスメタル野郎達も、
トラディッショナルなメタルに限りなく近い本作を、当時から認めていた気がする。
シャーリー ダンジェロ加入1作目でもあるね。

楽曲のキャッチーさに加えて、リフやソロが非常に印象的で、
どの曲も口ずさめるメロディや展開が満載。
そして、リズムに乗り切れずに独特の味を出しているヨハンのVo..が個性的。
表現の幅も広がっています。

1st発売時のビデオでは短髪だったヨハンが、本作のビデオでは
長髪になっていたのが、何故か笑いのツボに入った記憶があります。

ボーナストラックのEUROPEのカヴァーは、このモッサリ感がお気に入りです。

スポンサーサイト



  1. 2015/09/30(水) 23:27:25|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ