FC2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

KARELIA / Usual Tragedy

ア・ユージュアル・トラジェディア・ユージュアル・トラジェディ
(2004/01/21)
カレリア

商品詳細を見る

こんばんは。
もう自分はベースを弾き始めて15~6年も経つのですが(無駄に長い)、
未だにベースを弾くのが楽しくてたまらないわけで、バンドをガンガンと
やりたいわけですよ。だけど、今自分のやっているバンド、諸事情で暫く
動けなくなりそうなんです。空いた時間に友人の作った曲にベースを入れたり、
自分の作った曲をバンドメンバーに教えたりする予定です。

今聴いているのはコレ。
フランスのシンフォニックメタルバンドの1stです。2004年作。
買ったのに、ろくに聴かずにCD棚の肥しになっていたので、引っ張り出しました。
意外とこういう所から曲作りのネタが出てくるかもしれません。

シンフォニックで仰々しいスピードメタルを、オペラちっくな歌唱をしたり、
細いハイトーンで歌ったりするシンガーが、あまりキャッチーでないメロディを歌う。
クワイアコースなんかは結構良い感じ。ベースはブリブリしていて気持ちが良い。
楽曲展開も細かくて、雰囲気はある。

特に揚げ足を取る様な部分も無いのですが、やっぱり歌メロの弱さが原因で、
聞き流してしまうのです。頭に残らないメロディと、へなへなハイトーンが
印象を悪くしている。女性コーラスなんかは凄く良いのに残念。

オペラちっくなパートは他のバンドとの差別化が出来ていて良い感じなので、
もっと良いシンガーがいたら、と思ってしまう惜しい作品ですね。
悪くは無いのですが、聴き込みたいとは中々思えません。次は何時に聴く事やら。
スポンサーサイト



テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

  1. 2013/11/30(土) 01:02:32|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ