FC2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

コロナについて思っている事を書いておく

散々当事者やユーザーが発信している事ではありますが、
自分からも改めて発信をしておきます。

春先に、ライブハウスにてコロナウイルスが発生したかの様にメディアが
取り上げた影響で、全国のライブハウスは経営に大打撃を受けています。
感染者の行動経路の中にライブハウスがあっただけって事が何故わからん?

仕事中にもコロナの話題は避けられないんだが、何処どこで感染者が出たって
話題になると、必ず「ライブハウスにでも行ったのか?」って言うアホが出てくる。
そして、その手のアホは、説明してやっても認識を改める事はない。
何故なら、そのアホにとってはどうでも良い事であり、関係の無い事だからだ。
メディアは経済を復帰させるどころか不安を煽ってるだけで、足を引っ張ってさえいる。

調子が悪い人が病院で検査して陽性反応が確認されていた春先と、
陽性患者の濃厚接触者を検査している現在では、感染者数が増えるのは当たり前。
感染者を探しに行っているんだから。だから無自覚な患者が多い。
給付金目当てで検査を受ける人も多いだろうし、分母がデカくなっているんだから、
それを確認された感染者数だけ見て騒ぎ立てるのは短絡的過ぎる。

勿論治療薬の無い病原菌をナメている訳では無いので、お店やユーザーの双方が
出来る限りの対応をしていくんだが、自粛は自粛であって、強要されるべきではない。

自分はキャバクラや風俗には行かんので、内情は詳しく知らないが、現在の叩かれ方は
ライブハウスと同等かそれ以上に感じる。
普段から使用しない物は、存在が消えても問題が無いと思っている人も多い様だが、
必ず何処かでバランスが崩れるという危機予測も出来ないのか?

ライブハウスは勿論、キャバクラや風俗が無くなったら、従業員やユーザーの
溜まりに溜まった不浄な感情や働き口なんかは何処で昇華されるのか?
絶対に治安が悪くなるぞ?

自分はライブハウスに育ててもらった様なものなので、一方的な叩かれ方には
納得が出来ないし、双方が対策と覚悟を持って利用する分には文句を言われる筋合いが
無いと思うのだが、世の中はそうでは無い様だ。

いつまでも満員電車や議員パーティーは無くならないのは安全と認識されているから、
という事みたいだが、ライブハウスと何が違うのか?

夏場のマスクは暑くて熱中症の原因にもなりかねないし、マスク型の日焼け顔になるぞ?

こんな事発信しておいて、自分が感染して迷惑をかけるわけにはいかんので、
マスクや手洗い、消毒はエチケットとして実施していくけどね。
自分以外の誰かが既に発信している様な事しか書いていないから、無視して構わんよ。
スポンサーサイト



  1. 2020/07/30(木) 22:00:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽管理ソフトについて考える

こんばんは。真夜中更新です。
最近仕事は暇で残業もなく帰宅しているのですが、
眠くて眠くてかなわず、かなり早い時間に寝始めて朝までぐっすりです。
今日は無理矢理起きました。凄くダメダメな生活をしている自覚があります。

最近ゲンナリする出来事がありました。
1年ぐらい前からシコシコとHDへ持っているCDを取り込んでいるのですが、
その際に使用しているのがSONYのMusic Center for PCというアプリ。
iTunesは取り込んだアルバムのジャケットデータが消えるのがムカつくので、
使用していない。

2300枚程取り込んで、アートワークがズラリと並んでいるライブラリは、
ちょい聴きをしたい時や、ランダム再生をしていた時にどのアルバムに
収録されている曲かを確認するのに便利だった。

ただし、このMusic Center for PCというアプリ、このアプリを使用して
CD-Rに好みの曲を焼く事が出来ず、焼きたい時はWindows Media Player等を
使用して焼く事になる。この時点で随分とダルい。
不定期でメタル友達とオススメCDを作って酒を飲んでいる自分、
何とか選曲~CD-R作成の効率化を図れないか?と画策してみた。

Music Center for PCで取り込んだ音楽のデータは、全て外付けのHDに保存しているので、
Windows Media PlayerやiTunesでも同じライブラリを保存フォルダから引っ張ってきて
共有化させてみてはどうか?と考えて実行した。
この作業自体もライブラリへの読み込みに時間がかかったのだが、CD-Rに焼いてみて
Windows Media Playerの方がiTunesよりもノーマライズ効果が得られるという事が判明。
「マジでiTunesは自分には不要だな、さらばクソアプリ」とか思っていたのだが、
ここで問題が発生。

ただでさえ重たくてよくフリーズするMusic Center for PCが、更に激重になったのだ。
何でだ?と思って確認すると、各楽曲データが、重複してライブラリに表示されている。
つまりデータが倍になってしまったのだ。おそらくiTunesかWindows Media Player側から
再度読み込んだと思われる。
重複したデータは手作業で削除していくしかない様なので、ここでまたムカついた。

幸い?音楽データは外付けHDに入っているから、一旦Music Center for PCのライブラリを
全消去して、再度外付けHDから読み込んだ。
重複したデータは無事に削除され、自分が取り込んだデータのまま再登録が完了。
(厳密には1曲取り込みに失敗した。何故だろう?)
一件落着に思われたが、ここで最大の問題点が発覚!!!
CDから取り込む際に膨大な時間と手間をかけて登録した、ジャケットデータの大半が
消えている!!??何故だ?各楽曲のプロパティを覗くとしっかりと登録されているので、
アルバム情報の所のデータが消えている様だ。
アーティスト名のA~Cは概ねデータが残っていたが、D以降は全滅している。

上記の様に楽曲にはジャケットデータが一緒に取り込まれているので、
そちらから情報を引っ張って再登録出来ないか?と調べてみるも×。
再度手作業で登録していく事となった・・・。

自動情報取得でHITするメジャーなアルバムなら良いが、そんなものは1部でしかなく、
画像のサイズや色味が違っていたり、そもそも違う画像が出てきたりすると、
結局手作業で登録し直す必要がある。
自動取得で更新が出来るもので約30秒。手作業の登録で約90秒程要する為、
平均で1枚あたり60秒の所要時間だ。2000枚のデータを更新するのに、33時間以上要。
毎日1時間この作業だけを行っても1月以上かかるわけだ。本当に頭にくる。

ちょっと凝り性な所があって、自動取得で得られた画像の色味やサイズが手持ちの
CDと異なったりすると、わざわざWEB上から探してDLし、リサイズをして再度入れ直し
したりしているので、更に時間がかかったりする。

マニアックな音源でタイトルを覚えておらず(そもそも読めないものも多い)は
バンド名やタイトルでなく、ジャケットで覚えているケースが殆どなので、
自動取得で出てきたデータが持っている違うアルバムのデータだったとすると、
そのまま登録してしまう恐れもある。楽曲に登録済のデータと照合なんてやってられん。

とにかくムカついている。誰か自分が再登録をし終える前に解決策を教えてください。
  1. 2020/05/28(木) 05:21:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世の中はCDを求めていないらしい

おはようございます。
昨日ラジオで「トヨタ 新型カローラにはCDを再生出来るデッキやナビは純正で付かない」
というニュースを聞いた。このニュースは自分的に結構衝撃だった。

一般大衆車(とされている)カローラにさえ、ついにCD再生環境が無くなるとは!?
代わりにスマートフォンとの連携を強化するとの事であったが、時代はここまで来ていたか。

自分も自分の周辺も未だにCDを買いまくっている人が沢山いるので、感覚が麻痺していた。
どうやら世間は、もうCDという物を求めていないらしい。

フィジカルに拘る我々の様な人間にとっては、CDを実物を見ながら買える店はどんどんと
無くなっていくであろうし、非常に寂しい思いだ。
これからは新譜でも売れないであろうと判断されたもののリリースはデジタル配信のみと
なるであろうし、中古CDはここ数年で間違いなく値崩れする事でしょう。

近年のアナログ盤人気の再燃の話は置いておいて、10年ほど前までのアナログ盤と同じ
扱いにCDもされるのが目に見えている。若い子でレコードを触った事が無い人がいる様に、
存在は認識していても、CDを触る機会が無い人も出てくるでしょう。

確かにデジタル配信は便利だと思うしエコだが、ロマンが無いよ。

反比例して現在はレコードとカセットテープの人気が再燃しているが、とはいえ一部の
音楽ファン対象の極々小さなマーケットでしかないし、いよいよ音楽に夢が見れなくなっている。

今更この音楽世界情勢が覆るとも思えないし、個人で出来る事なんかも無いんだけど、
世間の需要が無くなるとリセールも難しくなり、急逝した音楽ファンの多量ライブラリなんかが
遺族や業者によって無残に破棄されてしまうのでしょう。
今ならまだギリギリ市場に放流されるのかもしれないけど。

レア盤なんかが燃えないゴミの日に廃棄されるのは、、、、。

実に寂しいですね。
  1. 2019/09/26(木) 06:04:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhoneへの音楽転送

こんばんは。相変わらず真夜中に活動しています。
連休中に始めたCDの取り込み、現時点で4500曲程取り込んだので、
一旦iPhoneへ転送をしてみました。

端末、音楽取り込みアプリ、転送アプリは下記。
iPhone 5s、SONY x-アプリ、FonoPaw iOS転送

このアプリの組み合わせであれば、ジャケ情報を含んだ形で転送が可能。
しかし、iPhone側で確認をしてみると、曲順がバラバラ状態。
アルバムフォルダの中で、曲の並びがアイウエオ順となっていて殺意を覚える。

なんとか並び替えが出来ないものか?と思って検索をしてみるが、
iPhoneによっては設定アプリの中から一括で並びを変更出来るとの情報を得たが、
自分の持っている型落ち品は非対応。
FonoPaw iOS転送やiTunes画面で楽曲表示を並べ替えてみても、端末の中の楽曲が
入れ替わる訳でもなく、同じくバラバラ状態。
アルバム1枚ずつプレイリストを作成して対応するという力業もあるが、
数が多くてそこまでやってらんない。何とか良い解決策は無いものか?

iTunesにx-アプリで取り込んだ音楽ファイルをインポートして端末と同期させれば
おそらく並び替え問題は解決されるだろうが、今度はx-アプリで取り込んだジャケデータを
iTunes上では反映させられない。
iTunesでイライラさせられて、更に端末内のミュージックライブラリにイライラさせられるのか。
2台の不要なiPhoneを活用出来るなと思ったのに、非常に残念。
iPhoneで音楽を聴いている人に、この問題について解決策や「俺はこうしているぞ」という話を聞きたい。
皆使い難いiTunes使っているのかな?

無理矢理iPhoneを活用しようと思ったら、本当に好きな1000曲ぐらいを楽曲単位で取り込んで、
シャッフル再生専用機にしてしまうか?だったらもっと高音質で取り込みたい。
そして、普段から音楽はアルバム単位で聴く習慣があるので、なんとなく抵抗がある。

やっぱり音楽環境を整えるのなら、Apple社はダメだね。ストレスしか感じない。

そういえば、android搭載の初めて買った随分昔のスマートフォンも余ってるな。
此方はバッテリーの持ちが悪くなって交換したんだが、車の中でシガライター部から常に
充電し続けて使用すれば活用出来るか。microSDで容量UPも出来るし。
同時期に買ったandroid搭載Walkmanが現役で使えているから、機能は問題ないだろうし。
よし、試してみよう。
s-59429442_2372482483069183_7076114879660163072_n.jpg
  1. 2019/05/11(土) 03:53:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽をPCへ取り込みしています

こんにちは。今日は朝から暴れまくる猫にシャンプーをしてやったのと、
昼飯を実家で集まって食べた以外はのんびりとしています。

先日PCを新調してから、今まで音楽プレイヤーへ転送したら
すぐに消すようにしていた、音楽ファイルのライブラリを再度作成しています。
従来使っていたHDを外付けの音楽用記録媒体として再利用したので、
PC本体にはいくら音楽を取り込んでも負担がかからないようにしました。

この外付けHDがぶっ壊れたらすべてお終いといえばそうですが、
PCが重たくなるのも嫌なので、ぶっ壊れるまで活躍してもらいます。
ある程度枚数が溜まったらバックアップもとるしね。

そこで取り込みに使う音楽アプリですが、機種変更して余っているiPhoneが
2台あるので、iTunesを選択してみました。
iTunesは何年か前に使っていた時期もありましたが、ジャケットの画像が消えたり、
同期に問題があったりと、使い難い点が多かったので何年も使っていませんでした。

が、やはりダメだね、iTunes。SLAYERの3rdクラスのアルバムでもアートワーク情報が
取得出来なかったり、自分で画像をはめ込もうとしてもはめ込めないファイルがあったりと、
使い難さは相変わらずでした。10枚程CDを取り込んだ時点で使うのをやめました。

で、元々携帯音楽プレイヤーは4台のWALKMANを使っている自分としては、
使い慣れたX-アプリを選択。X-アプリ自体はもうサポートも終了しているんだが、
後継アプリのMusic Centerも使い勝手が悪いので、x-アプリをDL出来るうちにしておきました。

自室で音楽を聴く時はCDやレコードをプレイヤーにセットして聴くので、
取り込んだ音楽は基本的に外で聴く用。街中や車の中で聴くのが前提となるので、
あまり音質に拘り過ぎても仕方がないので、取り込みは160kbpsのMP3に固定。
とりあえずオールタイムでフェイバリットなアルバムは全部持ち歩ける様に、この休み中、
ひたすら取り込み作業を行っています。

で、本日気が付い実行しているのが、何年も前に同じくSONYのHDコンポに1000枚ぐらい
音源を取り込んだ事があって、そこからWALKMANに転送が出来るんです。
一部のファイル以外は上記の規格で転送してあったので、逆流させてPCで管理が出来るように
端末経由で再取り込み。この方法を使えば、再度CDから取り込むよりもはるかに楽にライブラリに
沢山アルバムが追加可能。

クソiTunesと違って、90%以上の確率でジャケ写の自動取得が可能だし、
試しにX-アプリで取り込んだMP3をiTunesに転送してみても、全く問題なし。
ちょっとだけメンテナンスが必要だけど、1枚1枚CDを入れ替えながらやるよりは楽。
*ちなみに取り込み用にわざわざDVDドライブも外付けで買ったんだけどね。

そして、持ち歩くオールタイムフェイバリットなアルバムを取り込むだけのつもりだったが、
中途半端にリストが歯抜けになっていたりすると気持ちも悪いので、結局持っているCDを
片っ端からライブラリに登録していたりします。

これから暫くの間は、PCの前に座っている時間は取り込み作業を続けていくつもり。
平日10枚、休日30枚ぐらいを取り込みをしていければ、年内には概ねライブラリが完成するでしょう。
疲れるけど頑張るかね。以前にインポートした作業が全く無駄にならなくて済んだのは良かった。

全部を一気にやろうとせずに、少しずつ作業を進めていこう。
  1. 2019/05/04(土) 16:59:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ