FC2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

OPPROBRIUM / Beyond the Unknown

楽しく長かったお休みが終わってしまう。物凄い消失感だが、
休みの間になんとかしたいと思っていた事が一応出来たので、
後は明日までゆっくりと過ごすとします。
休みの間にメロディアスな曲を1曲作るつもりでしたが、
其方はイントロ~Aメロまでしか出来てないや。(苦笑)
その後の効率を上げる準備は出来たし、今日午後から頑張ろうかな。

s-HMHR200117-311.jpg
今聴いているのはコレ。
元々INCUBUSという名前で活動していたバンドが改名。
1990年発表の2ndにデモ音源を追加して再発されたリイシュー盤。
ジャケのバンド名の部分も差し替えられている。

INCUBUS.jpg
オリジナル盤のジャケはコチラ。

実は今年頭までこのバンドの事知らなくて、ちょっとだけ視聴して即買いした。
現時点でデス、スラッシュ系の購入音源の中では今年のNo.1。

愛好家からしたら今更過ぎる音源だと思うが、知らなかった自分にとっては
ちょっと久しぶりの衝撃だったので、ここで強くお薦めしたい。
スラッシュメタルからデスメタルへと移行する時期の傑作は数あれど、
本作も全く引けを取らない。というか、今まで有難がって聴いていた音源にも
勝る勢いで、とにかくドッカンドッカンと爆走しまくるスタイルで最高。

アルバムバージョンの方がずっと音が良いが、ボーナスで追加されている
全曲のデモバージョンも滅茶苦茶熱い!!若さ爆発!って感じの勢いが凄い。

ブルータル過ぎないデスメタルが好きな人、とにかく爆走しているスラッシュメタルが
好きな人には滅茶苦茶お薦めな1枚。ビックリしました。

スポンサーサイト



  1. 2021/05/09(日) 11:45:13|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

METALLICA / Reunion Arena Dallas 1989-FM Broadcast

こんばんは。楽しかった連休もあと1日で終わってしまいます。
今日は朝からバーベキューをする予定でしたが、諸々の都合で中止に。
悔しかったので夜は家族で焼肉に行きましたよ。腹いっぱいです。

s-727.jpg
昨日買ったMETALLICAのブートCDを聴いています。
今やブート音源や映像はYoutubeがあれば事足りる時代ですが、
パッケージされたフィジカルに遭遇すると買ってしまいますよね。

これは1989年2月5日アメリカテキサスでのパフォーマンスを収録。
FM放送した音源をリマスターして2018年に再リリースしたもの。
タワレコなんかでも堂々と売られていたブート。

リマスター効果なのか?音圧はまあまあある。
そもそもFM放送された音源なので、バランスは最低限整えられている。
ただし、流石FM放送しただけあって、リミッターがバリバリにかかっていて、
欲しい所に手が届かないもどかしさも感じる。

LIVE SHITに入っている同ツアーの映像が、このバンドの最高にエネルギッシュな
瞬間をとらえた最高傑作だと思っているが、本CDも同じく勢いはある。
ただし、音質のダイナミックレンジが狭いので、上記オフィシャル物と比べると
印象が随分と異なる。なんだか冷静に聴けてしまうのだ。

細かいミスもそのまま収録されているが、大きな崩壊も無く全体的には良い内容。
1回聴いたらそのままなブート音源が多い中、本作は事あるごとに聴きそう。
Leper Messaiahを演奏しているのが珍しい。

折角のライブ音源なんだから、ジェイソンのBa.をガツン!と前に出して欲しかったが、
4th程では無いにせよ、実に寂しいミックスとなっている。
ソロタイムの音圧も低い。映像が無いとキツい内容。ラジオで聴いていた人は
何だこれ?となったと思う。笑

1コーラスだけ演奏されるIRON MAIDENの Prowlerは、お遊びモードだがカッコ良い。
*曲目はRun to the Hillsになっているけど。Running Freeもちょっとだけ演奏。
LED ZEPPELINのHow Many More Timesもちょろっとだけ演奏。

otherj.jpg
此方のジャケで売られているケースもある様だ。

  1. 2021/05/08(土) 22:36:55|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KINGSTON WALL / st

こんばんは。午前中に記事を書いた直後に友人からお誘いを頂き、
結局楽器屋さんとCD屋さんを覗きに行きました。
楽器屋さんで店員さんに薦められたベースがかなり良かったのが
印象的でした。目的のパッチケーブルは買えず。
そして、連休前に結構な枚数の音源を仕入れたにも関わらず、
本日もわりと買ってしまったので、聴き切れるかな?と嬉しい悲鳴。

s-kingst.jpg
今日は酒を飲みたいなと思っているんだが、家族が寝室へ移動してから
飲んだ方が色々と平和なので、自室でコレを聴きながら我慢中。
フィンランドの超絶トリオ、KINGSTON WALLの1stです。1992年作。
自分は1993年の2ndを高校生の頃に買ってどハマりし、今でもCDは
いつでも手の届くところに置いているんだが、その後に聴いた3rdが
2nd程引き込まれなかったのと、1stは廃盤&中古でもそこそこ高価だったので、
最近までスルーしてました。大人の財力で購入。

2ndよりももっと攻撃的で直線的なハードロックが聴ける。
勿論プログレッシヴな展開はガンガンされているし、お得意のアラビアンな曲も
出てくるが、JIMI HENDRIXのカヴァーに象徴される様に、
あくまでロックの範疇で語られた方がプログレ畑よりもしっくりくる内容。

感覚的にはLED ZEPPELINを聴いているのに近い。
2ndが1番好きなのは揺るがないが、どちらかと言えばこの1stの方が
個人的な音楽の好みには寄っている。もっとはやく買って聴けば良かった。
やたらと陽気な雰囲気の曲もあるが、嫌いじゃない。

  1. 2021/05/07(金) 21:12:11|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TURISAS / Battle Metal

夜が明けました。本日は予定の無い休日です。
この後のの行動予定計画

①リハスタにデカい音を出しに行く
②楽器屋さんやCD屋さんを覗きに行く
③家で大人しく打ち込みしてる

誰か捕まらなければ③だな。自動車税払うとひもじくなるし。
そもそも巣ごもりしてても飽きない程の音源と本を買い込んであるので、
外に出なくても全く退屈しないしね。家に一人だから爆音で楽器も鳴らせるし。

s-battlemetal.jpg
懐かしい音源を聴いています。
フィンランド出身のバトルメタル集団。TURISASの1stです。2004年作。
リリース当時に激烈に薦められて聴いたが、今一つピンと来なくて、
バンドの他の作品はちょこちょこ買ってはいたが、この1stはデータだけ
所有している状態でした。先日友人と不要なCDの交換を行って、
本作をトレードしてもらいました。しかもボーナスが追加された2009年の再発盤。

ヴァイキングメタルに近い大げさなメタルを演奏しているが、ブラックメタル方面からの
ヴァイキングメタル的なアプローチとは少々異なり、RHAPSODY他の大げさな
パワーメタル側からのスタイルに近い印象。
同じ時期に話題になったKORPIKLAANIの2nd(2005年)の方にはどっぷりと
ハマったのに、此方が今一つだったのは、楽曲のテンポがミドルテンポ中心だからか。
同じ理由でAMON AMARTHにもピンとこなかった。
そもそもSUIDAKRAが好きって言って薦められたのがこのTURISASだったから、
薦めた人に否は無いんだけど。

今冷静に聴き返してみると、重心の低い良い作品じゃないの!?
デビュー作から◎だったENSIFERUMに比べても小粒感のあったTURISAS、
今では大人気バンドの1つですから、ルーツになるこの1stも侮れないわけですな。

仕事中、高速道路の運転中とかに聴いてテンションを上げたい感じ。

  1. 2021/05/07(金) 09:45:47|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HITTEN / State of Shock

こんばんは。真夜中更新です。
昨日は銀行へ住宅ローンの返済計画について相談に行きましたよ。
自分は出来るだけ現金(預金)を残しておきたい派なのですが、
はやく返済したい派な配偶者は、元金を減らせ減らせと迫ってきます。
2年半後の借り換えor金利見直し時のシミュレートをしてもらいました。
自分はすっかり忘れていましたが、死にチャラ保険の他にかん特約を
つけていたので、内臓がんや高度障害(脳梗塞等)で働けなくなった時も
借金がチャラになる条件だった事を確認して、ちょっとホッっとしました。

暴飲暴食、夜中に起きてる生活してたら、間違いなくどっかでガタがくるもんね。
メタルを聴いて最高だな!と思っているうちは、死なないと思うんだが。

hitten.jpg
今聴いているのはコレ。ジャケからして最高なヤツ。
スペインのHITTENが2016年にリリースした2nd。
Gt.の片割れはIRON CURTAINと掛け持ち。来日経験あり。

思い切りレトロな正統派メタルを演奏していて最高だ。
IRON MAIDENからの影響が強いが、RIOTや初期DIOなんかにも通じる
スピード感やキャッチーさがGood。IRON CURTAINよりも好み。

本作発表当時は、もうNWOTHMなんて言葉は使われなくなっていて、
ENFORCERやSTRIKERみたいなバンドの人気も陰っていたと思うが、
今でも長く聴けるのは、結局このバンドの様に愚直にメタルを貫いている
バンドなんだなとしみじみ思う。

Vo.に若干癖があるので、全くのメタル初心者には薦めないが、
ある程度このジャンルを聴いて楽しんでいる層には、全く問題なく薦められる。
聴いていて拳を握りしめられる系。Gt.がカッコ良いのがポイント高し。
掛け声コーラスも熱い。

日本盤にはボーナスが2曲追加されているが、2019年に再発された輸入盤には、
DIOのカヴァーが入っている様だ。

  1. 2021/05/07(金) 02:51:56|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ