fc2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

GOREMENT / The Ending Quest

こんにちは。今日は休みです。
予定も無いので、ダラダラしながら、明日からの激務に備えます。
昨晩バンドリハの後に食べたラーメンは美味かったのだが、
自分的に温度がぬるめに感じてしまい残念であった。
ラーメンは食べれないぐらいの熱々で出して欲しいです。

s-R-1288782-1488988191-4888.jpg
Amazonでの購入はコチラから
今聴いているのはコレ。
スウェーデンのデスメタルバンド、GOREMENTが1994年にリリースした、
唯一のアルバムです。オリジナル盤は超レア化している様です。
自分が持っているのは当然リイシュー盤。2021年のデジパック再発物。
以前はデモを収録した2枚組の仕様の物も出ていたみたいだ。
何年か前から気になっていたが、先日お店で見かけてよく見もせずに購入。
後から上記の様な情報を知ると、ぐぬぬぬ、、、となる。
やはり情報は普段から仕入れて蓄積させておかないと損するね。

さて内容だが、同じ時期のDISMEMBERやENTOMBEDと比べると
甘さ控えめな、激シブデスメタルを演奏している。そしてやたらと暗い雰囲気がある。
後に改名してゴシックメタル方面のバンドになったらしいが、その片鱗が本作からでも
感じ取る事が出来る。前述のバンドに比べて地味に感じられるためか、
(特に日本における)知名度は低いと思う。自分が知らなかっただけかも?

スローパートも多めなので、派手さは無いんだが、爆走パートとの対比が凄い。
やたらとカッコ良くて気に入った。
BOLT THROWERみたいなオールドスクールなデスメタルが好きなら、マストなクオリティで◎
スポンサーサイト



  1. 2024/04/14(日) 11:34:00|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JUDAS PRIEST / Invincible Shield

こんにちは。
昨日は早出&慣れない現場で昼休憩もとれずに残業5時間・・・。
超疲れたので、今日は夜のバンドリハまでひたすらゆっくりします。
お昼寝もしちゃうもんね!

jpi.jpg
Amazonでの購入はコチラから
JUDAS PRIESTの出たばかりの新譜良いですね。
前作も悪くなかったですが、全てが予想の範疇だったので、
昔から愛聴している作品に比べるとインパクトが少なかったのに対し
本作は全体的にガッツが感じられて、バンドの現役感が感じられます。

楽曲もメロディアスでツボを押さえたものばかりなので、
所謂「正統派ヘヴィメタル」なJUDAS PRIESTが好きな人が大喜びする
作品になっています。ここ数作はずっとこの路線なので、近年ファンになった
若い子にもウケが良さそう。

どの曲もハイレベルなので、色んな音楽的方向性を模索している過去のアルバムに
1曲ずつ散らしたら、歴史に残る名曲になっていたのでは?と妄想してしまう。

デラックスエディションに入っているボーナストラックも熱いので、絶対に其方を
買った方が良い。ただし、デジブック仕様なのでCDのディスクは取り出しにくい。
Blu-spec CD2仕様と明記があるので、ボーナストラックだけ分けた2枚組なのかな?と
思ったら、そうではなく、ディスク1枚に合計14曲がぶち込まれている。
とはいえ、全体の収録時間は64分程なので、どの曲もコンパクトに仕上げられていて
とても良い。分かり易くカッコ良いメタルアルバムだ。

リッチー フォークナーは演奏、フレージング、ルックス全てがメタルギタリストの
アイコンにふさわしい、素晴らしいミュージシャンだ。本作を聴いて更に好きになった。
  1. 2024/04/13(土) 10:18:46|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BLASPHEMY / Gods of War

こんにちは。夕方まで時間があります。
今日は本当にゆっくりというか、ダラダラしています。
こんな事なら大阪へライブを観に行けば良かったのですが、
どうやら観たいライブのチケットは完売している様だ。

BLASPHEMYとBEHERITが出演するって事で、海外からも沢山の
ファンが大阪に集まっている様だ。*SNSで見る限り、8割が外国人では?

s-Blasphemy-gods-of-war.jpg
Amazonでの購入はコチラから
今聴いているのはコレ。今晩出演予定のBLASPHEMYの2ndの再発盤。
10曲入りで20分ちょっとの短い作品です。

s-R-410689-1513415435-7701.jpg
以前に出回っていたのはこういうジャケで、1989年のデモとカップリングだったが、
自分の持っているのは再発盤なので、別々に分かれている。

カナダの伝説的なバンドだが、ブラジルのSARCOFAGOと共に
War Black Metalの元祖的な存在とされている。
とはいえここで聴かれるのは、グラインド色が強くって、極初期のCARCASSに
傾倒していた頃の自分が思い切り求めていたサウンドが聴ける。
40秒ぐらいの曲もあったりで、1曲1曲も短いので、上記デモとカップリングで
収録時間を埋めての発売だったのが頷ける。

とにかく黒い勢いのある音の塊が聴きたい時には、爆音で本作を聴けば良い。
音楽的に優れているのか劣っているのかの次元では語れない快感が得られる。
以前に紹介した1stアルバムよりもリフが聞き取り易くなっているので、
このバンドを初めて聴く時には本作から聴いてみるのが良いのかもしれない。
  1. 2024/04/06(土) 16:26:48|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本当にあった!海外旅行の恐ろしい話

こんばんは。新年度がスタートしていますね。
もう2024年の4分の1が過ぎ去ったという事実に驚きを隠せません。
何年も拒否したり様子を見てきましたが、この春から昇進しました。
押し付けられる業務量は膨大になりますが、多少給与も上がるので、
欲しい物を買っても良いのでは?と思っています。

kaigai.jpg
Amazonでの購入はコチラから
今日読んだのはコレ。2011年作。
6名の著者が海外で体験した恐ろしいエピーソードを集めたオムニバス。
過去に各人の著書も読んでいるので、既に知っているエピソードが幾つかあったが、
久しぶりなので楽しめた。

20年前、音楽をやっていなかったら、きっと海外を飛び回っていたと思う自分、
今この歳から海外を放浪する勇気も体力も無いんだけど、本を読んでいると
部屋の中にいても世界中を旅出来るから、海外体験記モノは好きだ。
特に本作の様に、キレイ事とは真逆の、リアルなやり取りにはドキドキさせられる。

昨日のミサイル発射についてもそうだが、日本人ってのは、基本的に大人しいし、
報復もしない。更に、世界中で脅せば金を出すと思われているんだろうな、と感じる。

そんな詐欺や強盗被害のエピソードの中で大井優子氏の、モロッコでの出来事が
とても痛快であった。ボッタクリ店で強引にカードを使わされ、署名の際に大井では無く
「天丼」と書き、被害を免れた上に、日本の実家にまで振込督促連絡がきたというオチまで。
笑ってしまった。

気軽に読めるので、電車の中なんかで現実逃避するのにもってこいです。
  1. 2024/04/03(水) 23:40:17|
  2. 書籍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CARCASS / Torn Arteries

体調は完全に回復しました。
昨日は2週間ぶりに飲酒もしたし、沢山寝たので調子が良いです。
今日は午後から子供の友達が家に遊びに来るそうなので、自分は出かけようかな。

s-727361536817.jpg
Amazonでの購入はコチラから

今聴いているのはコレ。4月に来日するCARCASSの目下の最新作。
2021年作。発売されるまで、随分と延期されていた様な記憶がある。
最近になってようやく買った。例の「鬼メスショック」により萎えていたのと、
先行EPが無難過ぎる内容だったので、パスしていた。
1年前にLOUD PARKで最新のライブも観たが、来月また観たいので、
今更ながらアルバムを購入。

結論から言って、どうせ新品で購入するんなら、もっと早く買っておけば良かった。
前作程の分かり易さは無いが、本作の方が個人的な好みに近い。
スピードメーターを振り切った様な爆走デスメタルアルバムではなく、何方かと言うと
オールドスクールなヘヴィメタルの型に近い。
若者が本作を聴いて強いインパクトを得られるかと考えると難しいと思うが、
3rd~6th収録の地味な曲を丁寧に仕上げた様な楽曲が、古いファンには心地良い。

だからか、あまりデスメタルって感覚も無い。「メタル」を聴いている感覚だ。
曲構成は相変わらずゴチャゴチャとしているが、基本的に短く纏められているのは良い。
6曲目だけは10分近いの長曲だが、これも新たな挑戦だろう。

ボーナストラックもなかなかの佳曲なので、日本盤での購入を薦める。
  1. 2024/03/31(日) 11:29:14|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ