FC2ブログ

蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

SIKSAKUBUR / Back to Vengeance / The Carnage

おはようございます。今日は丸々1日フリーです。
朝っぱらからデカい音で音楽を聴いて楽器も練習し、
午後からはバーベキューをやります。

s-e3fff5638ac5d4b214155aeeed5cba33.jpg
今聴いているのはコレ。
インドネシアのブルデスバンドの、2001年発表の1stEPと
2002年発表の1stフルをカップリングしたお得盤。
収録の順番が1stフル→1stEPとなっており、時系列が逆だ。

インドネシアのデスメタルバンドと聞いて想像出来る、やたらと爆走している
Dr.が強烈で、音作りもDr.を中心に行っているのでは?と感じるもの。
ひたすらに強烈なブラストを叩きまくる姿勢が潔し。

先ずフルアルバムの方から。オリジナルジャケは此方。
s-unnamed.jpg
個人的にはもっとGt.を前面に出して、Ba.がうねっているデスメタルが
好きなんだが、デスメタルに強烈さを求める向きには、最高な音源だろう。
Vo.は深さは無いものの、かなりイカついハードコアスタイルの咆哮。

アルバム後半は1stEP。オリジナルジャケは此方.。
s-24563_siksakubur_the_carnage.jpg

フルアルバムに比べてジャッキジャキのGt.の音が強烈。
デカい音でヘッドホンやイヤホンで聴くと、音が耳に突き刺さって危険。
Vo.は深くてピーギーなもの。メンバー交代はしていない様だが、
作品と作品の間の1年間に何があったんだ?

やたら浮いて聴こえるBa.が低予算感を醸し出しているが、時折挿入される
メロディックなアプローチが面白い。

スポンサーサイト



  1. 2020/08/13(木) 11:08:56|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANOTHER BLACK DAY / st

こんにちは。今日はかなりゆっくりしています。
昨晩先輩から誘われて飲みに行き、二日酔い気味なので、
大人しく家で過ごしています。

ANOTHER BLACK DAY
今日紹介する音源は先月中古でジャケ買いした1枚。
米国のバンドの2008年作。

自分としてはジョン ブッシュ期のANTHRAXみたいだなと強く思ったが、
曲によってはメタル度が高くて、SAVAGE MESSIAHなんかも思い出した。
Vo.の声はTHUNDERHEADのテッドに似ていて、太くしっかりと歌えている。
歌メロの印象的な曲が多い。直近では再生回数が1番多い音源。

オルタナティヴメタルといった方が伝わりやすいのかもしれないが、
硬派なメタルサウンドなので、ジャケットからメロデスを想像して買った自分は、
良い意味で期待を裏切られた。

自分が知らなかっただけなのかもしれないが、まだまだ見逃している
良いバンドはいっぱいいますね。
知名度の無さからか(?)、中古盤が投げ売られているので、未聴の方は
是非聴いてみて下さいな。今Amazonで300円で買えるみたいですよ。

  1. 2020/08/12(水) 13:40:42|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARACHNES / Apocalypse

おはようございます。午前中にちょっとだけ時間が作れました。
夜中から資料の作成やファイルのチェック等を行っていたら、
いつの間にか夜が明けていました。
正確には昨日の夕刻から作業自体は始めていたので、
まるまる半日使っていたわけです。腰が痛いのに、肩や首まで凝りました。
休みの間にやりたかった事なので、充実感はありますけどね。

ARACHNES Apocalypse
ちょっと息抜きで聴いているのはコレ。
イタリアのプログレッシヴパワーメタルバンド、ARACHNESの3作目。
2002年作。日本デビューとなった作品。

このバンド、最近まで全く知らなかったんですが、結構良いです。
Key.がとにかく派手でキラキラドコドコなパワーメタル曲が
バロック調の小曲を挟みながら疾走しているので心地良し。
Gt.は弾きまくってないですが、STRATOVARIUSのフォロワーですね。
インスト曲を聴く限り、多分もっと弾きまくれる技術はあると思います。

ちょっとイモ臭いVo.がまた魅力的で、非常に懐かしい感じ。
この手のジャンルには、ちょっと音程の甘いぐらいのフニャっとした
Vo.が、個人的には合っていると思います。
*下手過ぎるのはキツいので、このVo.は絶妙なラインを攻めてます

Ba.もかなり好きな感じだが、曲中にスラップを入れてるのはNG。
曲調に合っていないし、ちょっと間抜けに聴こえてしまう。
間抜けと言えば、本来テンションが上がりまくる筈のオーオーという
コーラスパートが、ピッチがズレててちょっと気持ち悪い。笑
しかも日本盤のボーナストラックでそのコーラスを使い回してるもんだから、
折角の疾走曲が台無しに・・・。

中古でジャケ買いをしたんだが、なかなかの当りでした。他の作品もどこかで
見かけたら買ってしまいそう。

  1. 2020/08/11(火) 09:40:18|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CRYPTOPSY / st

こんにちは。昼寝をしてて起きたら汗びっしょりでした。
朝からエアコンの取り付けに来てくれたのに、付けずに寝てたらこの様です。
夜はちゃんと涼しくして寝よう。
取り付け工事をしてくれている間にギターの弦交換も出来て順調です。

cryp.jpg
今家に独りなので、デカい音で聴いているのはコレ。
カナダ出身のCRYPTOPSYが2012年にリリースした7th。
一時期クリーンVo.を入れたりと方向性がブレていましたが、
本作はかなり初期の頃のゴッツい感じへ戻っています。

フロ モーニエのDr.は相変わらずの超絶だし、
一時的に復帰したジョン レヴァサーの功績か?迷いの無い
CRYPTOPSYサウンドが貫かれており、潔し。
いきなりジャジーな展開が飛び出てくるところも個性ですね。

3rd以降では1番良い出来だと思う。何気にBa.も交代していますが、
ズビズビと金属的なアタック音を絡ませながらの良い演奏をしています。

テクニカルデスメタルバンドはつまらん方向にいくケースが散見されますが、
ここで良い作品としての一線が引かれた様な気がします。

音質は良好。
日本盤ボーナストラックのライブ音源3曲は、音が本編のソレに比べると
ショボめながらも、選曲は美味し過ぎるので、是非日本盤で買いましょう。

  1. 2020/08/10(月) 15:35:48|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飴村 行 / 粘膜蜥蜴

こんばんは。
腰はまだ痛いんですが、休み中にやりたい事は出来ています。
スタジオ練習、散髪、猫のトイレ掃除(徹底的なヤツ)、庭の芝生の刈込。
明日はエアコンの取り付け業者の対応とギターの弦交換をするつもり。

s-tokage.jpg
休みの日でも本は読みます。
今日読み終わったのはコレ。飴村行の2009年作。
通称「粘膜シリーズ」の中の1作。
シリーズと言っても、物語が繋がっているわけではない。

話の概要としては、全然中身のないモノだが、文章を読ませる力が凄くて、
ぐいぐいと読み進められる。読了後に冷静に思い返すと、
こんなくだらない内容の物を数時間もかけて読んでいたのか・・・と愕然とする程だが、
読んでいる最中は夢中になって入り込んでいるので、満足感は高い。

エログロ描写はおとなしめだが、人によっては物凄い嫌悪感を抱きそうな
パートもあるので若干注意が必要。中学生の妄想レベルの程度だけどね。

  1. 2020/08/10(月) 01:18:00|
  2. 書籍感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ