蜻蛉日記

新しく買った音源、最近のお気に入り、たまたまその日に聴いた音源を、クソみたいな感想文にて紹介。

ABIGAIL / Alive...In ITALY

真夜中更新です。
昨日は早朝から寝起きで不機嫌な娘にブチ切れましたが、
そんな娘も七五三の最後の撮影を終えましたよ。デカくなっています。

s-72886.jpg
有名なこの音源を紹介。夕食後に酒を飲んで、散歩しながら聴いてました。

日本の爆走ロックバンドABIGAILが、2004年にイタリアでライブを演った時の音源。
このライブでは、TOXIC HOLOCAUSTのジョエル君がGt.で参加しています。
TOXIC HOLOCAUSTの曲も勿論演奏しているし、SODOMやBULLDOZERのカヴァーも
ゲストを迎えながら演奏しています。

ライブハウスでカセットレコーダーの録音スイッチを押しただけな的なRAWサウンドで、
一般音楽リスナーからしたら、完全に雑音でしかない。
常に音は割れているし、滅茶苦茶不鮮明な音像だが、勢いがすごく伝わってきます。
演奏が云々と語る様な音楽でないので、デカい音で酔っぱらいながら聴くのが◎。

同じシリーズの2005年のタイでのライブを収めたライブ盤もCDで出ていて、
本作とカップリングされたLP盤もリリースされている様です。
限定発売で400枚とか500枚だったら、あっという間に売り切れてしまう程に
世界中にマニアのいるバンドですよね。カッコ良いです。

デカい声でオススメはしませんが、本ブログを読んでいる様なマニアックリスナーなら、
プリミティヴな音への理解もあるだろうし、資料的な価値を見出せると思いますので、
一聴して頂くのも良いかと。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/22(金) 03:13:02|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TIGER JUNKIES / D Beat Street Rock n' Rollers

こんばんは。夜はかなり涼しくなりましたね。
と言いながら、音楽を聴いたりベースを弾いたりすると近所迷惑になるので、
部屋を閉め切っていると暑い。まだエアコンは稼働中です。
今からビールを飲もうか悩んでいますが、先程胃がむかむかしていたので、
パンシロンを飲んだんだった。また気持ち悪くなりそうなのでやめておこうか。

s-tigerjnkies.jpg
今聴いているのはコレ。
TOXIC HOLOCAUSTのジョエル君と、日本のABIGAILの鈴木氏によるメタルパンクバンド。
2008年にアナログ盤でリリースされていた様だが、自分が買ったCD盤は、
EPやSPLIT盤でリリースされていた音源を追加しての16曲入。

ABIGAILやEXPLOITEDのカヴァーも入っているが、初っ端から本家
TOXIC HOLOCAUSTのセルフパロディ曲が入っていたりと、やりたい放題。
想像通りの汚いロックが目いっぱい詰まっている。
メタル色よりも断然パンク色の方が強いので、本家との差別化を意識しているのかも。

終始もったりして後ノリなベタベタとしたリズムが疾走感を感じさせないが、
ひたすらにRAWなロック。

メタル的な音を期待すると100%ずっこけますが、この手の音が好きな人って
滅茶苦茶好きなんだろうな。自分は聴いていてキツい曲が何曲かありました。

  1. 2017/09/20(水) 23:25:24|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CRY / 1st EP

おはようございます。ソファで猫と一緒に寝てしまったものだから、
疲れが全然とれていないけど、気持ち的には満足しています。
とは言いながら、まだ1週間が始まったばかりなんだよな・・・。心配。

週末は色んな友人が家に遊びに来たんで、日記に書くネタも多いんだけど、
書くタイミングを逃すとネタにし難いですね。まぁいいや。

s-convert.jpg
以前から欲しかったこのCDを、先週名古屋に行った時にGET出来ました。
買ってからは毎日聴いています。
HATE BEYONDやHATER、HIDE BOUND等々の名だたるエクストリームバンドに
名を連ねている石黒氏が作詞作曲を手掛るニューバンドの3曲入りEPです。2016年作。
他のメンバーもHIDE BOUND他、色んなバンドでプレイしている方々みたい。
以前は別の名前で活動をしていたみたいですが、改名しての再スタート。

普段はあまりYoutubeのリンクを貼ったりしない当ブログですが、
とにかくこのトレイラーを聴いてみて頂戴よ。すんごいから。

石黒氏はこの強烈なDr.だけでなく、CODE RED等にはGt.で参加していたりと、
かなりレベルの高い一人エクストリームバンドが出来ちゃう様なスーパープレイヤー。

このCRYは聴いてみて単純にカッコ良いんだけど、細かく分析して聴いてみると、
「速い」、「ブルータル」なだけでない、「歌とリフの絡み」もよく出来ているなと感心。
歌詞はすべて日本語だが、英語詩と遜色の無いリズムの取り方で違和感無し。
若干Vo.のミックスが引っ込み気味だが、これは狙っての演出でしょう。
「ヤバいヤツ等感」が凄いです。
ほんのりメロさを感じさせるリフや展開がニクい!

以前から日本のアンダーグラウンドシーンにいるバンドのレベルの高さは
何度も記事にしていますが、このバンドも凄いですよ。フルアルバムが楽しみです。
是非どうぞ。

余談ですがこのアートワーク、狼に育てられた子供の、この画像を思い出しました。
s-feral-children.jpg
アマラとカマラだっけか?
  1. 2017/09/19(火) 04:22:14|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KREATOR Japan Tour 2017

s-1207_0001.jpg

こんばんは。随分と涼しくなりましたね。
一晩経ってしまいましたが、VADERとKREATORのライブを観に行ってきましたよ。
昼間っからメタル友達達とCD屋をハシゴして、ホクホクしながらライブ会場へ。

s-21731308_1961291947521574_3735309645117263284_n.jpg

VADERは3回目のライブ参戦です。
今回は BLOODSHOT DAWNのDr.が帯同しているとの事で、そこにも注目でした。
先ずバンドがステージに登場したところで、ピーターの痩せっぷりにビックリ。
二回りぐらい体が小さくなっていたんで、大丈夫か?と思いましたが、
ライブが始まってしまえば、そんな心配は全く不要。超タイトな演奏で最高。
トレモロピッキング中心のスラッシーでブルータルな楽曲は、どれもメタル魂を熱くさせる
麻薬みたいなものですね。惚れ惚れするライブでした。
エクストリームバンドも、Dr.が若手に入れ替われば、ずっと現役でいられますね。

KREATORは2回目の参戦です。
前回見た時は、オリジナルDr,のベンターは帯同しておらず、凄腕のマルコ ミネマンが
叩きまくっていました。そちらも凄く印象的でしたが、やはりベンターが楽しみでした。
(数年前にLOUD PARKに出演した時は、自分も会場にいたが、時間の都合で見られず)

選曲は予想していた通り、最近のメロディアス路線のものが多め。
若い新規ファンを獲得して、バンドの人気も今が1番あるんじゃないでしょうか?
自分もメロディアスに疾走する曲は好きなのですが、やはり初期の爆走しまくっている
曲を多めに聴きたかったかなという印象。Total Deathを演ってくれたのは嬉しかったが、
Flag of HateやUnder the Guillotine等は無し。
ベンターのバタバタDr.は、爆走曲が少なかった為か、予想以上にまともでした。

自分は前の方のフロアで見ていたんだけど、音は結構グチャグチャでしたね。
後の方はしっかりバランス良く聞こえていたんだろうか?
VADERは同じ位置で聴いていても各パートがクリアに聞こえて最高でしたが。

とか言いながらも、バンドがステージに登場した瞬間から世界観が変わって、
完全にバンドの空気に飲み込まれました。カッコ良かったなー。
ライティングスタッフの手腕も大きいんだろうが、本当に魅せ方が上手い。
逆光でスモーク多めに焚いて、メンバーの顔はあまり見せずに、シルエットを
見せる技術は、バンドを神格化させるのに一役買っていた様に思う。
おっさんの顔をフューチャーする様なバンドじゃないしね。

VADERがフルピッキングスタイルの曲が多めで、KREATORがメロディアスな曲が
多めだったので、差別化が出来てイベントとしてはバランスが良かったですね。

クッタクタになりましたが、本当に充実した1日でした。
たくさん買い込んできたCDを聴くのも楽しみだし、メタル生活はやめられないです。
  1. 2017/09/16(土) 01:22:57|
  2. ライブ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DERANGED / High on Blood

こんばんは。明日は休みです。
2日続けて酒も飲んじゃってます。最高。
ちなみに明日は、VADERとKREATORのライブを観に行く。
今日のACCEPTのライブも行きたかった。

s-hob.jpg
傑作デスメタルアルバムを聴きながら気持ち良く酔ってます。
以前にも紹介をしたと思ったんだが、検索しても引っかからず。
気のせいかな?まぁ。何回でも紹介したって良いか。

スウェーデン出身のDERANGEDが、1998年にリリースした2nd。
本作、リアルタイムで友人が買ってMDに録音させてもらい(懐かしい)、
かなり気に入って聴いていたんだが、2003年に再発されたので、
そのタイミングで自分でもCDを購入しました。
再発盤にはリレコーディング2曲が追加収録されています。

音質も演奏も、現代のデスメタルと比べても、何の遜色の無い教典的作品。
個人的には、VOMITORYの4thと並んで、欠点の付け所のない傑作デスメタル作品。
当時はCRYPTOPSYが神格化されていましたが、同じレベルのブルータリティを
本作に感じ、震えたものです。

ドスの利きまくったVo.が最高にカッコ良く、楽曲はとにかく爆走爆走。
ブラストパートでもっさりするのもご愛嬌。人間の限界に挑戦している感じがして、
下手にカッチカチにまとまっているよりも良いじゃないの。
再録の2曲は原曲よりもカッチリしているのに加え、Gt.の音が乾いている感じなので、
オリジナルの方が断然好き。再録なんてやらなくても良かったのに。

デスメタルが好きで本作を未聴の人がいれば、是非是非聴いてもらいたい
超オススメ盤。

  1. 2017/09/13(水) 23:22:03|
  2. 音源感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ